<< November 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

純国産鶏 さくら卵・もみじ卵

「これこそ日本の卵」づくり

自然の摂理にそって、鶏の生理生態に合わせた飼育 経済効率優先ではなくこの当たり前を貫くこと 「安心でおいしい」は自然の生態系にそうことから始まる 赤座農場の譲れないこだわりです
国産鶏をヒナより一貫して育てます

今日、採卵養鶏場では外国産鶏が大半を占めていますが、日本の気候、風土に育まれた国産鶏を飼育しています。赤座農場が飼育しているゴトウさくら、もみじは鶏体が大きく、餌をたくさん食べますが、サルモネラ菌の心配が無く、卵殻が固くて割れにくい卵を産むのが特徴です。        
  ゴトウさくら       ゴトウもみじ     コクのあるもみじ卵









赤座農場では、生まれたてのヒナを農場で育て上げます。場所、技術、不断の繊細な管理が必要となりますが、初生ビナから飼育する事により、飼料の一貫性、環境の一貫性が保たれ、丈夫で健康な成鶏・安全な卵へつながります。

  







効率が悪くても自然の中で育てます

農産物は、工業製品ではない
大量生産、低コスト競走の流れは、窓のない(ウインドレス)鶏舎での大規模飼育を促進させています。赤座農場でも同じ敷地に5倍、6倍と増羽する事ができ、昼夜を電燈で人工的にコントロールし生産量を上げる事も可能ですが、あくまでも太陽の光、季節の風・気候・風土を私たちと一緒に過ごす開放型鶏舎にこだわります。
           
               
         日が差し込み風通しの良い開放鶏舎  日が差し込み風通しの良い開放鶏舎
                  日が差し込み風通しの良い開放鶏舎




化学物質・薬剤は使用しません

鶏舎の衛生管理にも化学薬品は一切使用していません。水洗いや日光消毒、天然の鉱物等での環境浄化を行っています。
         
鶏舎の清掃も水洗いのみ  ミネラル鉱物での環境浄化
鶏舎の清掃も水洗いのみ     
ミネラル鉱物での環境洗浄



雛の時から抗生物質、合成抗菌剤を使用しません。防疫は、ワクチンのみで対応しています。日本の風土に合わせた環境での飼育を心がける事により免疫性、自然治癒能力の高い鶏に育てます。また、産卵期間を延長するための強制換羽も行いません。

※強制換羽  雌鶏にエサを与えず産卵を停止させて、人工的に羽毛が抜け始めるのを誘起することを「強制換羽」といいます。一般の養鶏農家は生産コストを低減させる為、強制換羽を行うことが一般とされていますが、フィールド・コープが取り扱う卵は、これを一切行わず、自然の摂理にそって育てています。

鶏の健康第一!臭気環境も良好です        
ワクチンプログラムに沿った作業鶏の健康第一!臭気環境も良好です      

ワクチンプログラムに沿った作業



妥協しない厳選素材での自家給餌

人が食べる卵を成すもの。飼料はまさに、エサではなく、私たちが食べるもの。アレルギー症状の原因と言われている添加物や人の体内で消化されない化学合成物質をエサの段階からこだわってこれを一切与えません。また、人体に悪影響を及ぼす可能性がある遺伝子組み替え作物や、非遺伝子組み替えの証明がないもの、素性が曖昧なものに関しても飼料には加えません。

―とうもろこし―
鶏の主食。センチュリーコーン;収穫後無農薬、非遺伝子組換品種、播種後無農薬栽培のコーンを、米国生産農家とカーギル社を通じ提携し、分別流通により輸入。年間2000tを安定供給するため、大松と米国農業者との直接信頼関係により、素性の確かな厳選素材を使用。差別化商品として分別流通を行っている。

―魚粉―
国産品。原料の魚の鮮度が勝負。高度の品質管理が可能なメーカーより購入。酸化防止剤を不使用の高価品。北海道釧路、千葉県銚子産。

―天然ミネラル―
鶏の腸内環境を良好にし、鶏糞の臭いを消す。天然ミネラル粘土鉱物、山形県産を使用。

―ガーリック―
抗菌、強精、整腸作用が有効で無投薬管理の上で重要。中国産を使用。生・乾燥物を使用。

―大豆粕―
植物性タンパク質として有効。非遺伝子組換食用油の副産物を飼料として利用。米国中西部産を購入。

―唐辛子―
鶏の食嗜好性・抗病性を増し、食欲増進をはかる。代替化学品は用いず、中国産唐辛子を使用。

―ビール酵母―
人間用エビオスと同種。実際エビオスの味がし、鶏の腸内醗酵と消化バランスを改善促進する。ビールメーカーから供給。

―飼料用玄米―
タンパク質の組成がよく、鶏体と卵に有効。ただし卵黄が白くなる傾向を持つ。人の食用と同種同年産の米。循環型農業実践のため、地元旭市の農家による生産米を購入。(旭市、JAちばみどり、旭愛農生産組合、生活クラブによる飼料供給仕組みサンライズ・プランによる全国に先行した循環システムを構築。)

―ゴマ粕―
良質の植物性タンパク質で、風味が強く、餌の豊かさを保つ。中国産ゴマを国内(東京新宿)にて手づくり抽出法(玉締め法)による製品を購入。

―生米糠―
天然ミネラル、ビタミン、油脂と良質繊維を含み、体力補強に有効。地元農家・米屋から購入。鮮度管理が重要。

―塩―
メキシコ産岩塩を沖縄の井戸水でとかし精製した塩。青い海蠅板鷏箸掘購入。食用としても高品質塩を使用。

―ルーサン―
天然の乾燥牧草。ビタミン、カロチンを有し、高繊維食品。鶏の消化を増進させ、腸内状態を整える。卵黄の黄の色の素となる。カナダ産 を使用。

―カキガラ・貝化石―
カルシウム、ミネラルを供給。鶏体の発育維持と、卵殻の品質向上に欠かせない。国産カキガラ、貝化石を使用。宮城県、岩手県から購入。
          アメリカ契約農家のトウモロコシ畑        




アメリカ契約農家のトウモロコシ畑        





フィールド・コーポレーションのゆずれないこだわりです!!

目で見て手で触れてください。自分の口に入るもの、これこそ生命(いのち)の源となるもの。だから大切に生産をしています。フィールド・コーポレーションでは、農場体験やアグリツーリスモ(農家に泊まりながら、収穫の体験を経験する体験型の旅行)等、随時開催しお客様と生産者たちの交流を大切にし顔の見える関係を目指しています。
より多くの方に本当の情報を知って頂きたいとの思いから、このこだわり栽培履歴と言うものをここに公開しております。食べる人の健康を考え研究と努力とを惜しまない作り手の姿勢をダイレクトにお伝えし、フィールド・コーポレーションが取り扱う食材で、皆様との関係が末永く続き、健康な食卓作りに貢献できれば幸いです。


● 生産者の生の声をお届け、フィールド・コープの生産者ブログはコチラ!

● 無農薬野菜の宅配と卸フィールド・コープお買い物はコチラ!

● 採れたて野菜を余すことなく使った美味しくてヘルシーな料理集はコチラ!
無農薬野菜の宅配と卸フィールド・コープ * こだわり栽培履歴 * 16:00 * comments(0) * trackbacks(1) * pookmark

房総地どり

「鶏本来のうまみを味わえるのは            
       この鶏が本当に健康だから」


房総地どりは、本州の最東端で黒潮と親潮がぶつかりあう温暖な気候の中、太陽の日差しと風を体一杯に受けながら健やかに育ちます。

―この鶏が本当においしいのは、この鶏が健康だから―自然に沿った飼養管理なので味や食感にバラツキがなく、噛めば噛むほどうまみを味わえる本格派の地鶏。

―素性の明らかな安心な肉―
法律で定められたワクチン以外は、抗生物質や抗菌剤を一切使わず鶏を飼育。ゆとりある鶏舎で、自由に動き回れるスペースを確保しながら、餌には非遺伝子組み替え品種のとうもろこしをベースに、国産魚粉、米、糠等独自の配合飼料を食べさせています。

―これこそ千葉が生んだ逸品―
ストレスがなく、安心でおいしい餌で育てられた鶏は、丈夫そのものです。運動が充分で、無理に大きくしようとしないから肉が締まっていて、うまみが濃い肉に仕上がりました。
   
   房総地どりとは?


「房総地どりストーリー」
昭和62年に、千葉県養鶏試験場がレッドラインロードと軍鶏(しゃも)系の交雑で房総地どりを開発しました。その生産と販売を推進しましたが、肉質が硬い事、価格が高い事などから上手くいかず、改善が必要になりました。かっては2万羽の飼育実績がありましたが、現状は10戸の農家が200羽程度研究用に飼育(地鶏卵の販売と廃鶏の加工品販売)をしています。 県は地鶏の研究(品種再開発)を進め、新たな生産農家の発掘と銘柄化推進事業化を図るための努カを継続しました。
その過程で、当組合(旭愛農生産組合)に県より生産の打診があり、年間2万羽規模の飼育生産と販売の可能性が生まれ、併せて「生産から消費までをトータルに捉えて一体の事業である」と位置付けた取り組みが始まりました。

「房総地どりの両親」
父に横斑プリマスロック、母はレッドラインロードからなり、千葉県畜産総合研究センターが作出した千葉県固有の地鶏品種です。父である横斑プリマスロックは、明治時代に導入されたもので、種として定着している在来種として認定されています。品種改良の素鶏として使われています。肉質の柔らかさが特徴です。また、母のレッドラインロード(レッドライン×ロードアイランドレッド)は全国で唯一、千葉県が保有している種鶏です。房総地どりが千葉県固有の品種である所以です。強健で気も強いが人なつっこく、千葉の風土にあった鶏です。

「房総地どりの特徴」
両親の良いところを受け継いで、肉質は柔らかく、旨み成分であるイノシン酸を多く含んだおいしい鶏肉です。また肉繊維内の脂肪含有率も低いのも特徴です。一方、ブロイラーと比べると体が小ぶりであることも特徴です。

「房総地どりのコンセプト」
医食同源、農は生命産業との認識のもとに、安心、安全、美味、そして適正価格での農産物の提供をキーワードとするとともに、「生産者と消費者並びに流通関係者が生産から販売までの提携による新たなシステム」を構築する。加えて、生産と消費が乖離した現状に対して地産地消の考えに基づき、県土の環境保全、県民の健康と暮らしに貢献するあり方の事業としての構築を目指し、県民に確立したモデルを通じてメッセージを発していく。

房総地どりの飼養概要

「飼料」
トウモロコシ(ポストハーベストフリー、非遺伝子組換品種)
飼料用玄米(サンライズ米;旭市の転作田にて栽培する低農薬米)
魚粉、生米糠、大豆粕(非遺伝子組換品種)、胡麻粕、牧草

「飼育密度と期間」
1平方辰△燭6〜8羽で110日間飼育
全期間中無投薬

「ワクチネーション」
ND飲水(3回)・IBD(1回)・POX(1回)

「生存率」
97%(平成13年7月26日出荷分実績)

「生産者コメント」
非常に暑さに強く運動性・機動性・生存力に長けた品種である。問題点は、多少気が荒
い傾向が見うけられる点。

【参考】
.地鶏のJAS規格
「地鶏」はJAS法で規定されています。概容は次の通りです。
〃楴錣郎瀝莠錣侶譴半分以上入っていること
∧浸瑤い如1平方辰△燭10羽以下で飼育すること
飼育期間は80日以上であること

.房総地どりのイノシン酸(うまみ成分)等の含有量

         成分  房総地どり♂  ブロイラー♂ 
         IMP    152.7     145.0
 モモ肉    AMP    5.89      5.88
         ADP    5.78      5.87

         IMP    109.2     81.7
 ムネ肉    AMP    6.34      6.03
         ADP    8.92      3.77
                          注:含量(mg/100g肉中)
(補足)
IMP:イノシン酸
AMP:アデノシン一酸
ADP:アデノシン二酸
※ブロイラーとは、そのような名前の品種がいるわけではありません。7-8週という短い期間で出荷するために改良された肉用若鶏の総称です。白色コーニッシュ種のオスに白色プリマスロック種のメスを交配したものが世界のブロイラーの大半を占めています。

房総地どりの製品化フロー
房総地どりは、入卵・うかを千葉県畜産総合研究センターで行い、旭愛農生産組合の生産農場で育雛から一貫して飼育されます。地どりのとさつ及び解体の1次処理を(有)千葉チキンフーズが、2次処理パッキングを(株)エーコープミートが行い、各過程の品質管理温度は-18℃で保たれ作業されます。このように生産から流通のトータルな事業化をして、皆様の豊な食文化に貢献することを目指しています。

 フィールド・コーポレーションのゆずれないこだわりです!!

食の安全が今ほど叫ばれている時代はありません。ちまたでは、情報を偽り聞くに堪えない問題が発生しており、何を信じて良いのかわからない現代社会において、フィールド・コーポレーションでは、正確な情報を解りやすくダイレクトに皆様へお伝えできるように努力してまいります。
    
目で見て手で触れてください。自分の口に入るもの、これこそ生命(いのち)の源となるもの。だから大切に生産をしています。フィールド・コーポレーションでは、農場体験やアグリツーリスモ(農家に泊まりながら、収穫の体験を経験する体験型の旅行)等、随時開催しお客様と生産者たちの交流を大切にし顔の見える関係を目指しています。
より多くの方に本当の情報を知って頂きたいとの思いから、このこだわり栽培履歴と言うものをここに公開しております。食べる人の健康を考え研究と努力とを惜しまない作り手の姿勢をダイレクトにお伝えし、フィールド・コーポレーションが取り扱う食材で、皆様との関係が末永く続き、健康な食卓作りに貢献できれば幸いです。


● 生産者の生の声をお届け、フィールド・コープの生産者ブログはコチラ!

● 無農薬野菜の宅配と卸フィールド・コープお買い物はコチラ!

● 採れたて野菜を余すことなく使った美味しくてヘルシーな料理集はコチラ!
無農薬野菜の宅配と卸フィールド・コープ * こだわり栽培履歴 * 10:00 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark
このページの先頭へ