<< August 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< ししとうの味噌焼き | main | 8月にお届けするお野菜について >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

スポンサードリンク * - * * - * - * pookmark

卵の匠 国産どりの卵の生産者 赤座繁樹さん

赤座繁樹さん
卵の生産者・赤座繁樹  赤座繁樹(千葉県旭市)    
  昭和48年生まれ
    
  ■ 主な栽培品目:鶏卵
  ■ 旭愛農生産組合所属
  





●コメント
 日本国内の養鶏産業は近年、鳥インフルエンザや飼料穀物の上昇による生産コスト高、100年に一度と言われる不況による需要減により、非常に厳しい状況が続いています。

平成15年時点での採卵鶏の飼養戸数は4340戸でしたが平成21年では3110戸に減少しており、飼養者の高齢化やコスト高の影響による廃業が原因と言われています。

一方で国内での飼養羽数はほぼ横ばいで、養鶏場1戸当たりの平均飼養羽数は年々増加している現状があります。養鶏場の効率化や大型化がさらに進行しています。

 養鶏場の大型化が進む中ブランド卵と言われる卵がスーパーや直売所などでも販売されています。飼養方法に特徴のあるものや、飼料に特別なものを添加して付加価値をつけて販売されているもの、値段の高い安いなど百花繚乱です。全国に3000以上のブランド卵があるそうです。

 旭愛農の卵は飼養環境・鶏種・飼料・地域循環すべてにおいて考えこだわり生産されています。国産鶏を普及させる運動や飼料の国内自給率を上げる取り組み等、ほかのブランド卵にはない思いがたくさん詰まっています。

ポストハーベストフリーコーンの導入や飼料用米の取り組み等、今私たちが置かれている状況の問題点を少しでも改善できるよう他産地に先駆け実践してきました。それができたのは生活クラブ生協千葉とのパートナーシップがあったからこそと思います。提携関係が始まってから30年近く経過しますが、時代にとらわれず基本方針が全くぶれずにいることは、素晴らしいことだと思います。今後もこの関係性が継続できるよう努力していきたいと思います。


 フィールド・コーポレーションのゆずれないこだわりです!!

目で見て手で触れてください。自分の口に入るもの、これこそ生命(いのち)の源となるもの。だから大切に生産をしています。フィールド・コーポレーションでは、より多くの方に本当の情報を知って頂きたいとの思いから、この生産者の紹介と言うものをここに公開しております。食べる人の健康を考え研究と努力とを惜しまない作り手の姿勢をダイレクトにお伝えし、フィールド・コーポレーションが取り扱う食材で、皆様との関係が末永く続き、健康な食卓作りに貢献できれば幸いです。

● 生産者の生の声をお届け、フィールド・コープの生産者ブログはコチラ!

● 無農薬野菜の宅配と卸フィールド・コープお買い物はコチラ!

● 採れたて野菜を余すことなく使った美味しくてヘルシーな料理集はコチラ!
無農薬野菜の宅配と卸フィールド・コープ * フィールド・コープの生産者 * 11:03 * comments(0) * trackbacks(0) * pookmark

スポンサーサイト

スポンサードリンク * - * 11:03 * - * - * pookmark

コメント

コメントする









トラックバック

このページの先頭へ